Page: 1/13   >>
2018年3月10日(土)チチクリ催事場〜春の三都物語
0

    MM: この冬は寒波到来で凍てつくような寒さです。(インタビュー時は大寒波の頃)等圧線が昭和56年の冬と似ているそうですが、この寒さが開けた頃に、チチクリ催事場のライブ!今回は、チチクリ催事場〜春の三都物語。

    旅のイメージですね。おふたりは旅がお好きですか?

     

    いずみっち: ハイ、そんなにしょっ中は行けないけど旅は大好きです!!

    ウケン!:特に旅好きって訳ではないですが、仕事も含め行った先々で楽しめそうな所は

    色々調べたりします。

     

     

    MM: 今ならどこに行きたい?

     

    いずみっち: 国内だったら九州の球磨川。歯医者に行った時に旅の雑誌があって『球磨川、鉄道の旅』的な事で掲載されてました。

    すごく綺麗でレトロで超風情がありました。外国でしたら絶対にキューバです近々に行きたいです!!

     

    MM: なぜにキューバ?

    キューバは前から行ってみたいところなんですが、最近アメリカと国交か回復されたじゃないですか

    だからなるべく早いうちに行っておかないとアメリカナイズされちゃって、、今のレトロなキューバが見たいんです!!

     

     

    ウケン!:放っておくと沖縄になりますが、今の時期なら雪を見ながら露天風呂が楽しめる場所が良いかも!

     

    MM: なぜに沖縄?沖縄の魅力は〜?

    う〜ん、何故なんでしょう?(笑)

    海だったり、風だったり、自然だったり、

    何をしなくても、その場所にいるだけでリラックス出来る雰囲気が好きなんだと思います。

     

     

    MM: ひとり旅、家族旅、みんなとわいわい旅、どれが好き?

     

    いずみっち: 一度だけ一人旅でジャマイカに突発的に行ってしまった事がありました、でも旅は誰か一緒がイイです。

     

    MM: なぜにジャマイカ?

    30代の頃、表参道を歩いてたら小ちゃなアイランドツアー(多分こんな名前)という旅行会社があって、そこの商品に

    ジャマイカがあったんです。

    それで本当気まぐれで決めちゃって行ってきました。

    首都のキングストンではなくマリンスポーツが盛んでリゾートのモンティゴベイというところです、いい経験でした!!

     

    ウケン!: 何をするにしても3人くらいまでが自分が楽しめる人数のようです。(バンドを除く)

     

     

    MM: 旅の必需品は何でしょう。

    いずみっち: 特にないです。

    ウケン!:スマホと充電器

     

    MM: 曲を作るために旅に出ることになりました。海、山、海外の大都市etc.どこに行きますか?

    いずみっち: 映画やドラマの中では、曲作りのために何処かへ、、、の様なお話はありますが実際にはどこにも行く必要はないですね。(夢のない話ですみませーーーん)

    ウケン!:人がいるところの方がイメージが沸きやすいと思うので海外の大都市!

    ただ1曲書くのに何日かかるかが不安…旅処ではない?

     

     

    MM: さて、旅に出ることは、日常の中にある自分を一旦リセットすることだと思うのですが、普段の生活の中でのリセット法があれば、教えて下さい。

    いずみっち: 曲作りで中々捗らない時には本当に直ぐやめて、呑みだすか寝てしまいます。あとはジムで体を動かしに行きます。

    これが一番イイかも。

    ウケン!:プチ散歩か寝る

     

     

    MM: どんな時にリセットしたいと思いますか?

    いずみっち: 曲で捗らない時くらいで、実はあんまりないんですよ。(笑)

    ウケン!:パソコンの前にいて何をしているか分からなくなったとき

     

    MM: 創作活動で大事にしていることは?

    いずみっち:『品』かな、、、どんなパンクな作品にもバリバリのアイドルの曲にも、どこかに『品』がないとダメだと思ってます。

    これは音楽だけではなく絵でも服や料理も同じだと思います。売れてるミュージシャンには音の核心に『品』が見え隠れします、不思議です。

             

    ウケン!:集中して作業できる環境作り(もっとも苦手)

     

    MM: 今回のライブ、見どころ、聞きどころは?

    いずみっち: 二人のギターハーモニーをご堪能ください!!

    ウケン!:テーマ的に、より音楽にシフトした催事を目指しておりマロン!

     

    MM: 皆さまにメッセージを!

    いずみっち: いつも遠路はるばるの方も含め沢山の方々にいらしていただき、心から感謝をしております。2018年最初のライブをぜひ満喫して行ってください!!お待ちしております。     

    ウケン!:まだまだ寒い季節ですが、心がホッと暖まるそんな空間をお届けしたと思いマロン!

    催事場の“場”の文字が“情”になっているように心にしみる催事をお楽しください。

     

       

    チチクリ催事場〜春の三都物語

     

    出演:チチクリギターズ(和泉一弥&植木健司)

    会場:赤坂ノヴェンバ−イレブンス

     

    日時:2018年3月10日(土) OPEN 17:30/STRAT 18:30


    料金:料金:前売3,240円/当日3,780円 ※オーダ別途

     

    今回も「ウケン!無茶振り特別限定料理」、ご提供させていただきます!

    アイデア豊富なウケン!が毎回シェフに限定料理のコンセプトを無茶振り。見事に表現するNovember-Eleventh シェフの想像力から絞り出された特別限定料理をお楽しみに!!

     

    【お問合せ・ご予約】
    赤坂ノヴェンバ−イレブンス 
    TEL:03-3588-8104 ※お店まで直接ご連絡いただくか
    info@masmary.comからお申し込みください。


    ご予約の際は、
    ・タイトルに”チチクリ3月10日(土)催事チケット予約”
    ・氏名(フルネーム)
    ・お電話番号
    ・予約枚数
    の記載をお願い致しマロン!

     

    【企画・協力】

    マーサメリー

         

            

    | マーサメリー | 00:42 | comments(0) | - | - | - |
    2018年2月3日(土)後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #3
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      記憶に残る音 Violinist 

       

      後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #3

       

      会場:ノヴェンバー・イレブンス1111 Part2 

       

      港区赤坂3178 都ビル2F

       

      03-3588-8104(受付時間 13時〜18時 月曜定休) 

       

      千代田線赤坂駅、銀座線、丸の内線赤坂見附より徒歩5分risingdragon.jp

       

       

       

      Interview with 後藤勇一郎さん

       

      昨年の夏に始動した november eleventhでの私季らいぶも3回目を迎えます。 今回はピアノとの共演。後藤さんにお話を伺いました。

      マーサメリー(以下MM:.後藤さん、こんにちは。後藤さんの私季らいぶの楽しみは、演奏曲目とアレンジ!2月3日はまだまだ寒く、春を待ち望む気持ちが広がりつつある頃です。(^^) 後藤さんの音がとても楽しみです。

       

      後藤勇一郎(以下、G): この私季らいぶは3ヶ月に一回の定期開催である事もあり、まさに私がライフワークとして提唱する私季音にふさわしいスパンで、季節を感じるお料理と共に春夏秋冬を表現するのにぴったりの場所。今回は冬に比重を置いて、締めはまさに冬から春への移り変わりを表現した私季II収録の自作の曲をお送りする予定です。

       

      MMピアノとの共演ですが、november eleventhにはピアノがなく(すみません)キーボードをご用意させていただくのですが、OKということで、とても感謝しています。

       

      G: アーティストとして当然ではあるのですが、なかなか電子ピアノを抵抗なく弾きこなすピアニストがいない中、今回の共演者である藤本史子さんは、演奏できるならどこででも、という前向きなプレイヤーなので快諾してくれました。鍵盤数の問題やその他ピアノとの楽器の違いもあるので、プログラムはリハでチェックするため未定の部分が多いのですが。

       

      MM今回の、これぞ冬!という曲は?(すべてだと思いますが、その中でも選りすぐり)

       

      G: 前述の通りまだ未定なのですが、ピアノとの共演という事もあり普段の私季コンサートではおなじみの、季節をテーマにした耳馴染みな楽曲を斬新なメドレーに仕立て上げた「心シリーズ」から冬心。そして私季III収録の無伴奏組曲「私季繚乱」の中から冬の曲、自身の誕生花である雪割草をイメージした「Hepatica」、これが一押しです。

       

      MMピアノとの共演の聞きどころは?

       

      G: 藤本さんは熊本出身で、東京と熊本を行ったり来たりしている事から、東京での自身のコンサートで支えてくれる反面、熊本では彼女自身がコンサートの企画もして呼んでくれるという、今となっては欠かせない仲間です。そして、ピアニストにとっては抵抗がある電子ピアノを弾きこなせる、まさに電子ピアノの達人である彼女の弾きっぷりにも、是非ご注目ください。

       

      MM: 演奏では、聴くものをぐいぐいと引っ張る後藤さんの力強さを感じます。先日テレビで日本人コンサートマスターのドキュメント番組を偶然に見たのですが、後藤さんを思い出し、コンマスをされていた当時のお話をお聞きしたいなと、その時に思ったのです。

       

      G: コンサートマスターとは簡単に言えば楽団のリーダーであり、それはオーケストラでも弦楽合奏でも、はたまたスタジオレコーディングのストリングス・セクションでも同じ意味合いを持つ立場で、そういう意味では今も同じ役割を担っていますが、演奏だけでなく様々な面でリーダーシップを発揮しなければならないのと、指揮者がいる場合には指揮者とプレイヤーの間に挟まれ、まるで会社組織で言えば中間管理職のようで、人間関係的にも大変です。

       

      MM: コンサートマスターに必要な要素は何でしょうか?

       

      G: 有無を言わさぬ演奏能力と人としての説得力です。

       

      MM: おぉ!コンサートマスター時代の思い出やエピソードがありましたら(たくさんありそうですが(^^))お聞かせください。

       

      G: 正直あまりありません(笑)。特にオーケストラに関しては、様々な方面に気を使う事から、自分が弾きたいようには一音たりとも弾いていないので。そしてそれが嫌な事ではなく当然の役目だと自負しています。オーケストラで言えば、行ったそれぞれのオーケストラでの微妙な違い、それは演奏であったり人間関係的な部分であったりが面白みではありました。

       

      MM: 冬と聞いて思い出すもの、もしくは風景など。

       

      G: 誕生日。

       

      MM: 冬の好きな食べ物は?

       

      G: 今は鍋かなあ。ありきたりですが(笑)

       

      MM: みなさんにメッセージをどうぞ!

       

      G: 冒頭にも書いたように、november-eleventhでの私季らいぶは定期開催及び開催時期の関係もあってまさに私季音にぴったりの場所です。各季節の珠玉の名曲(笑)を皆さんに楽しんでいただくべく、そして共演者の違いによるサウンドの違いもご堪能いただくべく挑んでいます。

       

      豊富な経験値と卓越した技術と表現力。だから、彼の音は面白い!

       

      2018 年2月3日(土)「私季らいぶ@1111 #3」 5時半開場/7時開演

      ヴァイオリン 後藤勇一郎 共演・藤本史子(ピアノ)

      私季らいぶのイメージ特別限定料理もお楽しみに!

       

      料金:一般ご予約 ¥3000 / 一般当日 ¥3500(税別・飲食代別途)

      学割:中学生、高校生、大学生は予約 ¥2000 当日¥2500(税別) 当日学生証提示・小学生半額・幼稚園以下無料

      料理 前菜750円〜、PIZZA、パスタなど1100円〜

       

       

      ご予約  GOTSU.NET  

      電話予約 November-Eleventh 03-3588-8104

       

       

      企画・協力・インタビュー (有)マーサメリー  info@masmary.com   masmary.com

      | マーサメリー | 03:26 | comments(0) | - | - | - |
      2018年1月26日(金)ソラノモリ 〜第二章「空の民」編〜
      0

        左:詩人 安藤康弘 右:作曲家・空間音楽家 楯 直己(Voice, ネイティヴ・アメリカンフルー,パーカッション他)

        JUGEMテーマ:音楽

         

        宇宙と木霊する作曲家、空間音楽家の楯直己さんに、ライブのことをお伺いいたしました。

         

        マーサメリー(以下MM): 楯さん、126日はよろしくお願いいたします!前回の反響はいかがでしたか?

        楯:こちらこそよろしくお願い致します!

        前回は安藤康弘さんの詩文・朗読とのコラボレーションで、相乗効果が高まりこれまでとは違う地平が見えた、志や核が伝わってきた、などのお声をいただきました。僕もとても嬉しいです。

         

        MM:今回は、空の民  という副題がつけられています。地球規模の循環イメージも含んだ壮大なタイトル、ソラノモリ。第2回目は、その壮大さを具現化するように感じます。

        楯:壮大ではあるけれど、皆さんとつながれること、それを一番大切に感じています。

        僕は子供の頃から、空を見上げて色々想像するんです。空の向こうは宇宙なんだよな...見えているこの水色はなんなのだろう落ちていきそう...みたいに。昼間は太陽の光が明るいから肉眼では見えないけれど、天文台で見ると一等星くらいの星が条件次第で見えるんですよ。見えなくてもそこにあるもの...そういうものが見えたら?

        自然の循環、時空の循環、僕らの「今」は過去と未来の分岐点。「今」の世界に、結び目をほどくように感覚を解放したい。

        昨年の北海道の旅の体験が、僕らの中でそのようなものへと変化しています。そしてスケールアップしても、シンプルに表現できたらと思っています。

         

        MM:子供の頃に、空を見上げて色々な思いを巡らす楯さんを容易に想像できます。

        舞い降りてくる雪に、囁いてくる風に、何を思ったのでしょうか。

        楯:そうですね、「思う」よりも「感じる」体験の方を憶えています。子供の頃、よく風の音を聞いていた記憶があります。風の音程やメロディー、揺れる葉っぱの音、電線に当たる音今でもそれはどこかなつかしい音です。また、これは本当の記憶かどうかわかりませんが、すごく小さい頃、ベビーベッドから見てる風景で、青空が窓の外に広がっていて、どこからともなく風鈴やガラガラの音が聴こえている。そんなイメージがあります。「思う」ことができる前の記憶かもしれません。つまり、何か感じたけど、言葉以前の感覚として、今も影を落としているのかもしれませんね。

         

        MM:今の世界に結び目を解くように解放したいとは?

        楯:例えばぎゅっと握りしめた拳の力を抜くような感じで、心も身体も感覚もほっと一息ついていただけたら...そんなふうに思います。

         

        MM:安藤さんとのコラボ作品。当日まで秘密でしょうが、少しだけ教えて頂けますか?

        楯:「鏡の国」というタイトルです。空の民という言葉から、安藤さんがインスピレーションを広げていった詩文です。そこに現れる鏡面空間とは何か?鏡に映ったもう一人の自分から様々なメッセージを受け取り、そして...そんな問いとメッセージが込められた作品です。

         

        MM9月のソラノモリに引き続き、今回も「この日一夜限りの特別限定料理」をお出しいたします。(^ ^)このお料理にも、楯さんの気持ちが、入っていますネ(^^)

        楯:前回は抽象的イメージを投げかけたままシェフにお任せでしたので、今回はもうすこし踏み込んで注文させていただきました。大地に生き、空を見上げる私たちは、大地の恵みをいただく循環の中にいる。そんなことが感じられるようなメニュー。完全にヴィーガンではないにしても、主に野菜で。さぁ、どんなものが出来上がるでしょう?

         

        MM:時空を超えて、どこに行きたい?

        楯:どこにいきたいかそうですね、今ここが一番いいかな

         

        MM 楯さんのサウンド・インスタレーションにより、novemberの空間が、ソラノモリとなりました。今回の空間音楽はさらにパワーアップしそうですね。

        楯:前回の体験から、よりノベンバーイレブンスを居心地の良い空間にできるよう考えています。また今回は音響担当に、長年僕のサウンドを共に開発してきてくれた長戸哲夫さんをお迎えします。彼がいたので今の僕のライブスタイルが生まれたと言っても過言ではありません。そんな仲間と創り出す音空間、楽しみです。

         

        MM せっかくなので長戸さんとの出会いと彼のご紹介をお願いいたします!

        楯:長戸さんとは、15年程前の、とあるコンサート以来ほとんどずっとステージを一緒に作ってきました。彼がいたからこそ、いろいろなアイデアが湧いて、今度はこんなものをステージで使おう!という繰り返しで、妙な音のもからすごく音の小さいものまで持っていきました。ついにはほとんど音の聴こえない発泡スチロールまで(笑)。それを楽しみながらちゃんと音楽にしてくれる、百戦錬磨、超ベテランの音響マンです。何よりも気が合うんですね。宇宙の友達なんて呼んで遊んでます。

         

        MM:今年の抱負を!

        楯:どんな活動も、初心を忘れることなく、毎回ゼロから生きることを、感謝と共に行なっていきたいと思います。

         

        MM:お客様にメッセージをお願いします!

        楯:世界を巡り、たどり着いたのが日本野鳥の会レンジャーだったという、詩人安藤康弘さん。彼の純粋な言葉が紡ぐメッセージとともにお贈りする、ソラノモリ第二章「空の民」編。一夜限りの旅に、どうぞ皆さんお越し下さい。

        ノベンバーイレブンスでお会いしましょう!

         

         

         

        ソラノモリ第二章「空の民」編

        2018年1月26日(金) 開場18時 開演19時半

         

        WEBオンライン予約 

        www.naokitate.com

        (楯 直己WEBトップページより)

         

        メール予約         

        info@masmary.com(マーサメリー)

         

        電話予約 03-3588-8104

        (ノベンバーイレブンス)

        東京都港区赤坂3-17-8 都ビル2F 

        受付時間 13時〜18時 月曜定休

        www.risingdragon.jp

        Charge ご予約 4,000円(税別)  当日4,500円(税別)

        オーダー別(2品以上お願いいたします)

         

         

         

         

        音響 長戸 哲夫   Art Work Janis Pia   企画・協力・資料作成 マーサメリー

        | マーサメリー | 16:40 | comments(0) | - | - | - |
        2017年12月16日(土)チチクリ催事場〜ハートの断捨離(だんしゃり)ズム!!
        0

          <10の質問〜❤>

           

          マーサメリー(以下MM):1断捨離してますかー?

          いずみっち:仕事に関してですと断捨離してます

          アレンジのデータなどは一瞬の判断で捨ててしまいます、訳は迷っていると先に進めないからです。ウケンからたまに、前のタイプのデータもうないですか?とお叱りを受けます(笑)

          ウケン! : コンマリさんの『人生がときめく片付けの魔法』を読んだ頃に

          だいぶ断捨離にチャレンジしましたが、最近はまた物が増えてきました(泣)

           

           

          MM:捨てたいもの

          いずみっち:クローゼットの奥にある何年も着てない見てない服。

          ウケン! : Tシャツ

           


          MM:捨てられないもの(捨てない!売らない!)

          いずみっち:人に買ってもらったもの、プレゼントをされたもの。

          ウケン! : 楽器(エフェクター系)
           

           

          MM:心の中にあるもので捨てたいものは?

          いずみっち:意外とないです。

          ウケン! : ねたみ!そねみ!思い込み!


           

          MM:逆に心の中にあるもので大切に育みたいものは?

          いずみっち:感謝の気持ち。

          ウケン! : 直感!

           

           

          MM:この1年、振り返ってどんな1年だったでしょうか。

          いずみっち:転機になるような2017年でした。

          ウケン! : 好奇心が倍増した1年。特に街中で聞こえる鳥の声に意識が集中しました。


           

          MM:来年はどういう年にしたいですか?

          いずみっち:ガツガツ行きたいです!!

          ウケン! : 小学生のような生活

           

           

          MM:クリスマスをマロンちゃんたちと、今年はどう過ごしたいですか?

          いずみっち:ウケンが今年は癒しだと申しております、優しい感じ、暖かい感じでみんなと過ごせると思います!

          ウケン! : 寒いけど、イルミネーションに囲まれて、まったり野外ライブ

          手には甘酒、ホットワインなんかいかがでしょう?

           

           

          MM:今回のライブの見所、聞き所!

          いずみっち:チチクリ、オリジナルのクリスマス曲というのがなかったことに、今更ながら気づき楽しい感じのクリスマス作品を作ってみました、当日ご披露いたします!!

          ウケン! : これまでのチチクリのイメージを大切にしつつ、思い切って断捨離します!

           

           

          MM:マロンちゃんにメッセージをどうぞ!

          いずみっち:1年間、こんな我々を見守ってくれてありがとうございました!!

          おかげで2017年も素敵なライブが出来ました。ほんとうに感謝です!!

          ウケン! : 無理に断捨離はしなくってもいいのです!

          それがマロンちゃんにとってワクワクする物ならば(笑)

           

          チチクリ催事場〜ハートの断捨離(だんしゃり)ズム!!
          出演:チチクリギターズ(和泉一弥&植木健司)

          会場:赤坂ノヴェンバ−イレブンス

          日時:12月16日(土) OPEN 17:30/STRAT 18:30

          料金:前売3,240円/当日3,780円 ※オーダ別途

           

           

           

          | マーサメリー | 02:13 | comments(0) | - | - | - |
          2017年12月1日(金)Mark Akixa「夜の火の月の演奏会〜Native Spirit」
          0

            【Interview with Mark Akixaさん】

             

            November-Eleventhとのお付き合いも7年目に入りますが、毎回違う音色を聴かせてくださっているMarkさん。

            アルバムのこと、ライブのこと、近況についてお伺いしてみました。

             

            1. マークさん、こんにちは。

            12月1日はよろしくお願いいたします!

            まずは、今年の3月に3rdアルバム「KOKOPELLI」(ココペリ)を発売されましたネ。

            おめでとうございます!

             

            MA: ありがとうございます! 前作「OLOWAN」(オロワン)はネイティブアメリカンの伝統曲を集めたアルバムだったので、全曲オリジナル曲の作品としては7年ぶりだったのですよ。

             


            2. 可愛らしさと神秘さを感じさせるアルバムタイトルですね。(^^)

            MA: 実はタイトルは最後までなかなか決まらなかったのです。収録曲にココペリに関係のある曲は1つもないんですけど、最終的には「自分は何者か?」と考えたときにパッと浮かんできたワードを選びました。★Kokopelliは笛吹きの精霊

             

            3.楽曲タイトル、Earth Chant 、As Long As Grass Grows Or Water Runs 、Many Winters 、The Trail Of The Wind 、Water Chant/ The Gate To The Fifth Worldなどから、自然の中にある私たち、宇宙に繋がっている私たちを思い起こさせてくれるように感じました。

             

            MA: 嬉しいですね。それはまさにネイティブの思想の根幹にあるものです。すべては繫がっているという。

             

             

            4.この1年、マークさんにとってどんな1年でしたか?

            MA: 3月に「KOKOPELLI」を出して、リリース記念ライブであちこち演奏してまわった一年でした。将来このアルバムを聴いたら、きっと今年のことを思い出すことになるでしょう。

             

             

            5.印象に残ったことは?(ライブでも出来事でも何でも)

            MA: 夏に富士山6合目で演奏したことかな。あと11月に三島の美術館の庭園でもお月見コンサートをさせていただいたのですが、屋外でコンサートをするのって実はいろいろ大変なのですよ。機材とか、お天気とか。なので、スタッフの皆さんが完璧な環境を作り上げてくれたこの2箇所の屋外コンサートはすごくお客様にも喜ばれましたし、自分たちも楽しませていただきました。

             

             

            6.恒例の「お題を頂き即興演奏!」で、いつも息のあった演奏を聴かせて下さるお二人とのプレイでここが面白い!と思うところは?まずはギターの太田さんから。

             

            MA: 太田さんの対応力は尋常ではないですね。おそらく太田さんと一緒にやってなかったら、ライブで即興演奏をすることもなかったのではないかと思います。演奏だけでなくお話も上手なので、あらゆる場面で「困ったときは太田に任せろ」が私のモットーです(笑)

             

             

            7.そして、パーカッションのよしうらさん。

            MA: 顔かな(笑) November Eleventhで即興演奏するまでは、お客さんに背を向けて二人の方を向いて演奏することってなかったんですけど、「よしうらさんってこんなに表情豊かに演奏してたんだ」って驚きました。プレイに関してはアイデアマンで私もよく驚かされます。天才だと思います。

             

             

            8.サンタさんにお願いするとしたら何を願いますか?

            MA: サンタさんってまだ現役でやってるの? Amazonプライムに負けないよう、がんばってください。

             

             

            9.ライブの見所、聞き所は?

            MA: 見所はですね、さっきよしうらさんの顔について触れましたけど、太田さんもなかなか表情豊かに演奏されるのでチェックしてください(笑) 聞き所は、「KOKOPELLI」は作曲してすぐレコーディングした曲がほとんどだったので、

            ライブでやる度にこなれてきています。CDとはまた違う感じに聞こえると思いますので、進化する過程もお楽しみください!

             

             

            10. みなさまにメッセージを!

            MA: おかげ様で、November Eleventhさんでの演奏も7年目になりました。いつも応援ありがとうございます!

             

             

             

            | マーサメリー | 01:44 | comments(0) | - | - | - |
            2017年11月3日(祝日・金) ヴァイオリン後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #2
            0

              JUGEMテーマ:音楽

              Interview with 後藤勇一郎さん

              クラッシックからポップ、ロックまで多岐にわたる分野で活躍をしてきた後藤勇一郎。

              彼の面白さは、そのユニークな発想とレパートリーの幅広さ。

              8月は無伴奏ヴァイオリン・デュオ、今回の11月3日はギターとのデュオ。 演奏曲もガラリと変わります。

               

              マーサメリー(以下、MM):後藤さん、こんにちは!11月3日のセットリストを拝見していて、後藤さんのレパートリーの幅広さと発想のユニークさに驚いています。なんだかとっても楽しそう!

               

              後藤勇一郎(以下、G):普段のピアノとのデュオや無伴奏ヴァイオリンデュオ等は、自身のアドリブパート以外はきっちりと譜面が書き込まれていますが、今回のギターとのデュオの場合はコード譜によるセッションにより自由度が増している分、自身の音楽のキーワードである「私季」からも少し離れて取り上げる楽曲の幅も広がります。

               

              MM:10月リリースの新アルバム「私季III」から何曲か演奏されるご予定ですが、紅葉の季節にふさわしく「枯葉」を演奏されるのですね。ずっとお好きな1曲だったのですか?

               

              G:特段好きという訳ではないのですが(笑)「私季」で季節感を表現するのにタイトルからしてぴったりであり、耳馴染みの曲である事から1stアルバムで取り上げました。 ヴァイオリンの響きの良さを表現するのに最適である無伴奏ヴァイオリンで一人ジャズ、これがテーマとなっています。

               

              MM:しっとりとしたライブになるのかな、と思いきや、赤坂ジプシーめどれい(赤坂の夜は更けて〜コモエスタ赤坂)とは!意外ですね!

               

              G:私季コンサートの方では、丁度10/22の東京・松尾ホールでもメインプログラムとして取り上げますが、各地で演奏する際にそれぞれの耳馴染みなご当地ソングを取り上げて斬新なアレンジを施すご当地私季シリーズというのがあり、このギターとのデュオでもいつかレパートリーに加えたいと思っていたスタイルに、ノーベンバーイレブンスが存在する赤坂の街にご当地ソングがある事を思い出し、今回この日のためにアレンジを施しました。

               

              MM:あっ!「ゲラゲラポーのうた」がリストに入っている〜!

               

              G:共演の菊谷知樹君の出世作です。子供に人気のあの曲を、おじさんの二人が演奏するとどれぐらいアグレッシブでアバンギャルドになるかというのを楽しんでいただけると嬉しく思います。

               

              MM:「ゲラゲラポーのうた」がアグレッシブでアバンギャルド。う〜ん、中々想像つきませんが(笑)、これは今回のライブの楽しみのひとつでもあります!そして気になるのが「シチリア風サントラメドレー」。シチリア風とは・・・どのような感じの雰囲気でしょうか?

               

              G:「ゴッドファーザー」と「ニューシネマパラダイス」という二つの名画、いずれもイタリアに関係する映画のテーマ音楽をメドレーにしたもので、映画そのものと共に私と菊谷氏揃って大好きな映画音楽です。これを最初に取り上げたのが、2年ほど私季らいぶを続けさせていただいた鎌倉・ミルクホールだったのですが、こちらもノーベンバーイレブンス同様お食事も楽しめる場所で、配布するプログラムもレストランメニュー仕立てにしていた事から、お料理のタイトル風にしてみました。

               

              MM:なるほど、美味しそう!(笑) ところで、後藤さんは久石讓さんともお仕事をされてきていらっしゃいますね。

               

              G:随分前の事になりますが、レコーディングやコンサートで頻繁に関わらせていただいた時期がありました。そんな訳で新鮮ではない中で今でも記憶に残っているのが、コンサートツアーの移動中、寒くない時期でもずっと白い手袋をしていた事。音楽に対して繊細な方なんだなあと感心しました。

               

              MM:10月に新しいアルバム「私季III」が発売されます。(このインタビューは9月に行われています)。

              新アルバムについてそこに込めた想いがありましたらお聞かせください。

               

              G:アルバムのサブタイトルで意味する事も含め沢山の想いがありますが、詳細はお買い上げ 頂いたCDのブックレットでご確認いただくとして(笑)収録曲のメインは長い間こだわって作り上げてきた各季節を表現した四曲構成の二つの無伴奏ヴァイオリン組曲。今年の春のコンサートでも全曲演奏しましたが、いつかNovember Eleventhでも全曲演奏したいと思っています。8/25の私季らいぶでも夏の曲を取り上げましたが、当面は季節ごとにその季節の曲を演奏予定です。

               

              MM:濃密なライブになる予感がしますね!普段は賑やかな赤坂も、祝日や土日の一ツ木通りはのんびりゆったりしています。そこから一歩November-Eleventhに入れば、違う世界が待っている。ランチライブは豊かなひと時になりそうです!

               

              G:前回はナイトライブでしたので、自分としてもその都度新鮮な気持ちで挑む事ができます。お店の美味しいランチと共に秋の私季音を、そして普段の私季コンサートとは違うギターとのデュオを楽しんでいただければ幸いです。

               

               

              企画・協力・インタビュー (有)マーサメリー  info@masmary.com masmary.com

               

              | マーサメリー | 23:20 | comments(0) | - | - | - |
              2017年8月25日(金) Violinist 後藤勇一郎  私季らいぶ #1 @1111
              0

                ヴァイオリニストとして、作編曲家として分野を超えてご活躍の後藤勇一郎さんが、

                赤坂 November-Eleventh Part 2 1111で「私季らいぶ」の新シリーズをスタート!

                記念すべき第一回は、無伴奏Violin Duo。2017年8月25日(金)に赤坂はnovember-eleventh にて開催されました。

                 

                無伴奏ならではの魅力、ヴァイオリンの響き、音色。大胆さ、繊細さ。

                インタビューで後藤さんの音色を色で例えていただく質問をした時「赤みの強い七色」とのお答えをいただきました。まさに、情熱の音、そして、ジャンルにこだわらない演奏曲目と演奏は、情熱の赤と虹の七色そのものでした。

                ヴァイオリンがこんなに人間の声のような、繊細な生き物とは!演奏曲は、以下11曲。

                 

                1. One Note Samba(後藤ソロ)
                2. Gladiolus(後藤ソロ)
                3. Csárdás(デュオ)
                4. Smoke Gets In Your Eyes(デュオ)
                5. やさしく歌って(デュオ)
                6. Day Tripper(デュオ)
                7. Glorious Season’s Poetry     (後藤ソロ)
                8. シェルブールの雨傘(デュオ)
                9. ロミオとジュリエット(デュオ)
                10. 7Variation on “Happy Birthday”(デュオ)
                11. アンコール・Cavalleria Rusticana “Intermezzo”(デュオ)

                 

                後藤さんのライブをイメージしたスペシャル料理はこれ!

                 

                今回の私季らいぶについてのインタビューです。後藤さんのミュージシャンとしての芯の太さを感じられるお答えをいただきました。

                 

                ヴァイオリンの可能性を引き出すヴァイオリニスト後藤勇一郎さん。

                November Eleventh に初登場!   8月25日(金)!

                 

                ヴァイオリニストとして、作編曲家として分野を超えてご活躍の後藤勇一郎さんが、赤坂 November-Eleventh Part 2 1111で「私季らいぶ」の新シリーズをスタート!8月25日に開催されるライブについて早速お話をお伺いいたしました。まずは、ご出演にいたるご縁から。

                 

                マーサメリー(以下M):後藤さん、こんにちは。初めてご一緒させて頂いた時から数えると、かれこれ20数年になりますね。今年思いがけずにまた繋がったこのご縁に、感謝いたします。

                 

                後藤勇一郎さん(以下G): こちらこそ、懲りずに忘れずに気に留めていただき、そしてお声がけいただいた事が嬉しく、心から感謝申し上げます。

                 

                M2: 確か、武道館でのイベントでした。

                 

                G2:そうですね。阪神大震災の義援コンサートという事、また私が学生時代に聴いていた日本のアーティストさんの一人という事もあって、脳裏に深く刻まれています。

                 

                M3: 後藤さんは今まで、山下達郎さん、坂本龍一さん、佐野元春さん、久石譲さんや名だたるオーケストラでのコンサート・マスターなどなど、クラシックからポップス、ロックと分野を超えて豊富な経験をお持ちですが、「これは面白かった!」など印象に残るお仕事は?

                 

                G3: 参加させていただいたセッションの全てが興味深く、面白いものばかりでしたが、ポップスの分野としては、これまた自分が学生時代に欠かさず聴いていた某FM局の「サウンドストリート」という番組のDJをされていたアーティストさん全てと、レコーディングやステージ等何らかの形でご一緒させていただいたというのが印象に残っています。

                 

                M4:サウンドストリート!あぁ、懐かしい!!月曜日は佐野元春さん、火曜日は坂本龍一さん、水曜日は甲斐よしひろさん。山下達郎さんや音楽評論家の渋谷陽一さんらもDJをされていた伝説の名番組でした。私も欠かさず聴いておりました。当時はラジカセで録音(笑)。佐野元春さんは洋楽を系統立てて紹介してくださっていましたね。

                 

                G4:ラジカセで録音(笑)私はその上を行くラテカセでした。死語ですね。マーサメリーさんとの出会いはまさしく月曜日の佐野さんですが、この番組のアーティストさんは皆さん音楽家として尊敬できるアーティストさんであり、実際レコーディングセッション等でお会いして、DJされている雰囲気と寸分違わないお人柄に感激し、中でも佐野さんはその後TVの収録でもお会いし、そのお話の仕方が番組でのDJっぷりと全く同じで(笑)さらに感激したのを覚えています。

                 

                新シリーズ「私季らいぶ」について

                M5: さて、8月25日に第一回目を迎える新シリーズ「私季らいぶ」よろしくお願いいたします!

                 

                G5:自身の活動は全て「私季」というキーワードの上に存在し、基本は私季コンサートで、アカデミックで一般的なヴァイオリンとピアノのデュオで演奏していますが、中にはとても素敵な場所でありながらピアノがないというところもあり、またヴァイオリンという一見敷居が高く見えるクラシック楽器でありながら、人間の声にも近い表現力を持つこの楽器を「いつでも気軽に」というコンセプトのもと、ピアノがなくても無伴奏ヴァイオリンであったり、無伴奏ヴァイオリンデュオ、ギターとのデュオ、はたまたCDカラオケを駆使しての独奏等、気軽にコンパクトなプログラムでお届けするのがこの「私季らいぶ」のコンセプトです。今までは鎌倉や福岡等、地方都市を中心に楽器一丁担いでという感じで飛び回っていましたが、自身のバンド「The Dynamites」以来となる都心の真ん中での私季らいぶ、もともと東京での私季コンサートのお客様もこういったお食事をしながら演奏を聴くというスタイルに興味がある方も多いので、おなじみのファンの皆様を始め、新たな出会いも期待してお集まりいただける事を楽しみにしています。

                 

                M5: お食事は、後藤さんのライブをイメージした特別限定料理をご用意いたします!シェフが腕をふるいますよ!!お楽しみにしていてくださいね!!

                 

                G5:私季をキーワードにとお願いしている事もあってとても楽しみですし、ご来場頂く皆様には私季音と共に私季を味覚でも感じていただければと思います。

                 

                M6:「私季らいぶ」の「らいぶ」がひらがなっていいですネ。

                 

                G6: こだわりです。日本の四季の素晴らしさを自身で感じるのが私季、それを表現するのが私季音、日本語へのこだわりが強く、らいぶをあえてひらがなにする事によってより季節感を感じていただければという思いです。

                 

                M7: この新シリーズは、Night & Day スタイルで開催されることも特徴のひとつです。

                第一回目は、Night Live。第二回目の11月3日(金・祝)は、Lunch Live。

                夜と昼とでは随分と雰囲気が違う赤坂ですが、たくさんの引き出しをお持ちの後藤さんのヴァイオリンが、どのように表情を変えていかれるか、大変楽しみです。

                 

                G7:この夜と昼を交互にというアイディアはマーサメリーさんのものですが、自身が私季らいぶで掲げる「いつでも気軽に」というコンセプトにまさしくぴったりのスタイルだと思い、即答させていただきました。普段の私季コンサートはピアノとヴァイオリンというスタイルで確立されていますが、この私季らいぶはピアノがないところでも演奏する機会がある事から、今回第一回目の無伴奏ヴァイオリンデュオを中心に、私の大切な音楽仲間である某ギタリストとのデュオ、そしてこの「1111」には幸運にも電子ピアノが置いてあるので、普段のコンサートスタイルであるピアノとのデュオも可能ですし、極め付けは無伴奏ヴァイオリン、つまり一人だけでの演奏も予定しています。こうして時間帯の幅だけでなく演奏形態の幅を持たせて、様々な表情を音で表現していくつもりです。

                 

                M8: 後藤さん、ここは直感でお答え下さい。(^^) ご自身のヴァイオリンを色で例えると、今は何色?

                 

                G8: 非常に難しい質問ですが「赤みの強い七色」じゃダメでしょうか(笑)

                 

                M: バッチリです!!(笑)

                 

                M9: 座右の銘は?

                 

                G9: ありきたりですが「継続は力なり」(笑)その一心で私季音活動を続けてきています。時々めげそうになりますが、その継続力が今回の「私季らいぶ@1111」につながっているかと自負しています。

                 

                M10: お客様にメッセージをお願いします!

                 

                G10:前述の私季らいぶにおけるコンセプトでもお話しした通り、気軽に美味しいお料理と私季音を楽しんでいただければと思います。これを機に私季音をより多くの方に感じていただければ嬉しく思います。

                 

                様々な演奏スタイルをお持ちの後藤勇一郎さん、もっともっと魅力があるはず!!

                今後の展開を楽しみにしております!

                ありがとうございました!!

                0825 に 1111 #1で!!!

                 

                お問い合わせ マーサメリー info@masmary.com

                 

                | マーサメリー | 00:30 | comments(0) | - | - | - |
                2017年 8月19日(土)チチクリ催事場〜チチクリ10年史-No Border-
                0

                   

                  10の質問 with チチクリギターズ 2017.8.19

                   

                  1. 今回のタイトルは、チチクリ催事場〜チチクリ10年史-NO BORDER -

                  早いもので結成10周年目に突入ですね!おめでとうございます!まずはべたですが、お気持ちを。

                  和泉: 月並みですが以外と早かった感じです!!

                  植木:  あまり実感がないというのが本音ですが、こうして続けてこれたのも応援してくれる方があってのことなので、マロンちゃんにはあらためて感謝していマロン。

                   

                  2. NO BORDER、どのような意味を込めてつけられたのでしょうか。

                  そして和泉さんはこのタイトルを聞いて、どのような印象をもたれましたか?

                  和泉: 実はこのタイトル通りには行かないと思います!すみませ〜ん(笑) 流れとしてはチチクリ10周年の歩みをやってみようと思ってます!!

                  植木: 基本自由なチチクリですが、これからもっと色々好きにやれたらな〜〜という思いから考えついたタイトルです。

                   

                  3. 結成のきっかけは?

                  和泉: 人数の少ないインストのユニットがやりたかったんです、4人より3人、3人より2人という事で。

                  あと丁度2006年頃仕事でナッシュビルに行ってて、帰りにエレキですがギターを買ってきました。それが創作意欲を掻き立ててチチクリのファーストを一気に作ったんです。

                  植木: いずみっちから声を掛けてもらったのがきっかけです。それでも当初はなかなか仕事とのバランスが取れず

                  「Yes!」が言えなかったのですが、根気強く誘ってくれました。本当に感謝していマロン!

                   

                  4. 結成時と今と随分とライブの様子も変わってきたように思います。

                  チチクリギターズ、november-eleventhでの初回ライブは、2008年9月22日(月)。その時のタイトルが『チチクリギターズ 生後2ヶ月』でした。あれから今まで、チチクリギターズはどんな時代を過ごされてきたのでしょうか。それぞれの心の変化や音楽の方向性など、お二人ご自由にお答えください!

                  和泉: チチクリギターズはプロデュース・チームとしての側面もありまして、ウケンつながりで『高橋直純』さんの音楽に長い間携わらせていただいのはとても貴重な経験でした。映画音楽もチチクリとしてやりましたし、とても良いキャリアを積ませていただきました。最近では『はるのまい』さんのアルバムも何曲かをチチクリで担当させていただいてます。

                  音楽については根本のアコーステックというところは何も変わっていません。 

                  人にはなかなか理解していただくのが難しいんですが同じギターでも自分の好きな音色がありまして

                  自分たちで作った音が一番好きなんです。自分の作ったお弁当が一番美味しいって感じですかね(笑)

                   

                  植木: チチクリとしては、特に時代に関係のない活動はしていると思います。

                  良く言えば普遍的な音楽を不変に続けているというか。

                  自分としては、10年前と比べると

                  • 考え方がとてもシンプルになっている
                  • ストレスがない
                  • 自然により興味がある
                  • 音楽の嗜好がより雑食になっている

                   って感じですね。 

                   

                  5. チチクリギターズ結成から今まで(ライブ、リハ、レコーディングなどでの)嬉しかった出来事は?

                  和泉: ライブ(催事)でたくさんの方々の中での演奏は本当に楽しいですし、いつも嬉しく思います。

                  あとチチクリで音霊に出た時も良かったです!!

                   

                  植木: リハーサルの後、ご飯を食べならが色んな話をするのがいつも楽しみです。

                  さらに、いずみっちとはこうしてチチクリで活動して、時には変な突っ込みとかしてますが、本来は名曲をいくつも世に送り出している凄い人物。 そのいずみっちと一緒に音楽を作り出せていることは、

                  自分にとって何よりも嬉しいことでありマロン!!

                    

                  6. お二人はいつも仲よさそうですが、創作上で喧嘩したことってありますか???

                  和泉: それがないんです(笑)ウケンが大人なんです!!

                  植木: 喧嘩はないですね〜〜。ただ意見の食い違いはおそらくあるのではないかと(笑)

                  あっ!そう言えば最近自分ちょいキレしましたわ・・・。

                   

                  7. チチクリギターズ、これからこんなことやってみたいな〜、という夢は?

                  和泉: 一度くらいファンクラブツアーらしきことやってみたいですね!(笑)

                  あと、次のプロデュースを精力的に仕掛けたいです!!

                  植木:  No Borderに通ずるのですが、今まで越えてこなかった場所に行ってみたいという漠然とした物はあります。それをこの1年掛けて探していこうかと思いマロン!

                   

                  8.チチクリギターズとして弾いてみたい楽曲はありますか?

                  和泉: ギターじゃないんですがウクレレをうまくなりたいですね!あとどこかしら南国っぽいものは好きなんでトライしたいです。ハワイ、ブラジル、キューバ、沖縄全部好きです!

                  植木: 他人の曲というよりも、もっともっとギターが会話をしているような空気感をもった音楽を作っていきたいと常日頃思っておりマロ〜〜ン!

                    

                  9. さて、毎回続けている「10の質問」今回は、初回と同じ質問をします。別途お送りしますね。

                  初回と現在、答えはどう変化しているか!楽しみです。(^^) つまりは、今回はスペシャル・バージョン、10の質問ダブル・バージョンとなります!

                  よろしくお願いいたします!

                  和泉: 了解です!! 

                  植木:自分も楽しみです!

                   

                  10. みなさまにメッセージを!

                  和泉: こんなチチクリを、いつもいつも本当に温かく迎えてくれてありがとう!

                  100歳になるまでがんばるんでよろしくです!!

                  植木: これからも粛々とチチクリは続いていきマロン!

                  そしてマロンちゃんの人生の隅っこにいられるような音楽を届けていきたいと思いマロン!

                   

                   

                  引き続きの恒例インタビュー!今と昔の10の質問!

                  チチクリギターズ結成時と現在とどんな心境の変化があるか、同じ質問をして比べてみました!

                  「第1回目のライブ 2008.9.22.」 → 「10年史~ No BORDER のライブ 2017.8.19」

                   

                  1. ご自身の楽器を色で例えると?

                  和泉: グリーンです → ゴールド

                  U-Ken!: 無色透明(弾き手のカラーが出やすいから) → 黄緑

                   

                  2. では、今の自分を色で例えると?

                  和泉: これまたグリーンです、蛙のようなグリーンです(笑)→ ブルーとかグリーン

                  U-Ken!: 緑色(そういう意味では自分のギターは緑色) → 緑

                   

                  3. 毎日の生活の中、どんな音が耳に飛び込んできますか?

                  和泉:  シンセの音です(笑)→ 仕事関係の音、音楽

                  U-Ken!: 街行く人の会話とiPodの中の音楽 → 自然音、店内BGM(気になった曲はスマホアプリですぐ検索)

                   

                  4. その中でここちよいと思う音とは? 

                   

                  和泉: ほぼ心地よいですよ(笑)→ 全部気持ちイイですよ!

                  U-Ken!: お気に入りミュージックはエアーギターが飛び出ます! → 鳥の鳴き声(最近野鳥にはまっている)

                   

                  5. 逆に耳障りだと感じる音とは?

                  和泉: 特にありません〜 → おしゃべりな人、声の大きい人

                  U-Ken!: 人の悪口はイマイチ。 → ネガティブな会話

                   

                  6. 今一番大事にしているもの、もしくは事。

                  和泉: 内緒、ヒ.ミ.ツ!!→ 母親

                  U-Ken!: 仲間 → 時間、記憶力

                   

                  7. 音楽は自分にとってどういう存在?

                  和泉: お友達(笑)→ 全て、宝物

                  U-Ken!: 人と仲良くなるアイテム → 出会いの素

                   

                  8. ライブで、予想外のびっくりしたこと(お客様の反応やハプニングなどで)、もしくは嬉しかったことは?

                  和泉: 山本英美が良く喋る!!(笑)いえいえ、、全然予想外ではありませんでした。→ 誕生日バースデーケーキはびっくりでした(笑)嬉しかったことは毎回ですが、みんなの笑顔です!!

                  U-Ken!: 驚いたのはライブの1曲目で弾いた瞬間にギターが壊れたこと。嬉しいのは出音が良い時とお客様の楽しそうな顔

                                 ↓

                  1. 学生時代組んでいたバンドでライブハウスに出たが、お客さんがメンバーの彼女が2人だった時。
                  2. ライブハウスの昼の部に出演が決まり、当日会場に着いたが、スタッフが誰も来ておらず、ライブが終わる時間にやっと来たこと。つまりライブがあることを忘れられていた。

                   

                  9.どんなライブになりそうでしょうか?

                  和泉:  初めてのインストですが、おそらくお洒落で、懐かしい感じになると!!→ 

                  U-Ken! : あっ、ギターって良いなぁ!弾いてみたい!って思ってくれたらいいですね〜!

                  トーク4割!演奏6割!良い音楽を存分に!(笑)

                   

                  10. 最後に。座右の銘は?

                  和泉:  天真爛漫、、、今回は普通にお答えしました(笑)いい言葉ですよね!!

                  座右の銘と言うより、四文字熟語ですね(笑)→

                  U-Ken! : 正直!!→ 座右の銘というよりは自分で決めている事ですが”嘘は絶対つかない!”です。

                   

                   

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  出演:チチクリギターズ(和泉一弥&植木健司)

                   

                  会場:November Eleventh Part 2 1111(東京・赤坂)

                   

                  日時: 2017 819日(土) OPEN 17:30START 19:00

                  料金:料金:前売3,240円/当日3,780 オーダ別途

                   

                  特別限定デザートもお楽しみに!

                   

                   

                  【お問合せ・ご予約】

                  赤坂ノヴェンバ−イレブンス 

                  TEL03-3588-8104 お店まで直接ご連絡いただくか

                   

                  info@masmary.comからお申し込みください。

                  ご予約の際は、

                  ・タイトルに”チチクリ819日(土)催事チケット予約”

                  ・氏名(フルネーム)

                  ・お電話番号

                  ・予約枚数

                  の記載をお願い致しマロン!

                   

                  インタビュー by マーサメリー

                   

                   

                   

                  | マーサメリー | 15:15 | comments(0) | - | - | - |

                  Calendar

                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  25262728   
                  << February 2018 >>

                  Profile

                  Recommend

                  Search

                  Entry

                  Comment

                  Archives

                  Category

                  Link

                  Feed

                  Others

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  Mobile

                  qrcode