Entry: main  << >>
#85 新谷祥子さん(マリンバ弾き語り。10/30/09)
0

    1. 前回のライブはCHABOさんをゲストに迎えられました。
    ご感想を!


    お客様がいい笑顔で帰ってくださった。
    あれは仲井戸さんに包まれた私のサウンドのハッピーさを感じてくれたと
    信じています。



    2. 新谷さんは、素敵なサブ・タイトルをつけられますが、今回もとても詩的。
    「木片と出逢った言葉たち..」
    メイン・タイトルのWoodscape「秋」と共に、森林に暮らしている妖精をイメー
    ジしましたが、新谷さんご自身は、何か込められている思いはおありでしょうか?


    「木片、かけら、、」この不完全な感じのことばが好き。
    ポトリ、と落ちた言葉のかけらもワタシの一部。「秋」って厳しい季節に挟まれていますね。「暑い夏の終わり、そして冬の扉」そこが自分の書く曲に大きな位置をしめています。
    秋を感じる瞬間は儚いゆえに。秋もまた不完全、、、




    3. 今回のライブの見所は?

    ライブスペースの印象を第一に意識した音作りが好きです。
    空間に寄り添った1人舞台の演出をお楽しみ下さい。



    4. マリンバを一言で表すと、Marimba is.....

    溢れすぎちゃって、、、。6番の回答でご勘弁。



    5. では、Shoko is.........

    前回のインタビューで答えたことは「ちょっといい具合に錆び付いてきたワタシを鳴らす鐘」でした。
    今回はマーサメリーさんから贈られた言葉です。嬉しいな。

      Shoko is unlimited water.


    6. マリンバは祥子さんにとってどんな存在でしょうか?


    大自然。うつりゆくもの、、、



    7. 前回のライブでサウンド・チェックを拝見していて、予想以上に中々難しい
    と感じました。リハーサルで一番チェックするところは何でしょう?


    歌うようになってから耳はマリンバの音を以前より深くキャッチするように
    なりました。
    新谷流の音を探りたいですね。ここは課題が大きくてやりがいも大!




    8. 演奏するにあたり、一番大切にしていることは?

    想いを伝える風通しを作ること。



    9. あなたはライブ会場にいます。お客様と一番分かち合いたいことは何? 

    皮膚振動。音楽でスキンシップ。



    10. みなさまにメッセージをどうぞ!

    秋の曲が多い私の弾きがたり、いい季節をご一緒したいです。
    ご来場をお待ちしております。



    2009.10.30(金)
    マリンバ弾き語り~Woodscape「秋を・・・」






    | マーサメリー | 01:33 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode