Entry: main  << >>
2015年12月4日(金)Mark Akixa「Hear in the Winds」at November Eleventh1111 Part2(赤坂)
0

    1.ご自身の楽器を色で例えると?

    見た目は「木」そのものなので赤茶ですけど、音色は「風」そのものなので無色かな。

     

    2. では、今の自分を色で例えると?

    過去に同じ質問をされて、そのときは他のどんな色にも染まらない「黒」だと答えたと思いますが、今は他の色が少々混じろうが簡単に染まることのない「絶対的な白」でありたいですね。

     

    3.毎日の生活の中で大切にしていることは?

    原点や基礎を忘れないこと。油断するとすぐに忘れてしまいがちなので。

     

    4. 音楽は自分にとってどういう存在?

    私にとって音楽とは・・・・・・難しい質問ですね(笑)

    言葉にはできないですけど無理やり言葉にするなら「神」かな。それとも言葉に表すことのできない「神」を表現するものが私にとっての音楽なのかもしれません。・・・うん、ちょっと深すぎる答えでしたね(笑)

     

    5. 今までのライブで予想外のびっくりしたことは?

    ライブじゃないのですけど、屋久島の森の中で10人ぐらいの生徒たちと笛を吹いていたらサルが集まってきたことが一番びっくりしましたね。あとこれもライブではないですけど、去年の東大寺の式典で演奏を始めた途端に鐘が鳴り始めたことですね。あれもびっくりしたな。

     

    6.では、嬉しかったことは?

    演奏活動を続けられていること自体が無上の喜びです!

     

    7. 影響を受けたアーティストは?

    アリゾナで初めてインディアンフルートを聴いたジェシー・カルーさんと、今年初めて聴いたコーディ・ブラックバードさん。

     

    8. その理由

    昨年久しぶりにジェシーさんの演奏を聴いたらびっくりするほどソフトに吹いていて、コーディさんは逆に驚くほど力強く吹いていたのを発見して、それぞれ刺激にもなったし、やっぱり自分なりの吹き方でいいのだと再確認できたので。

     

    9.本日のライブの見どころ、聴きどころ?

    ジェシーさんとコーディさんのお二人から学んだように、ソフトなところはよりソフトに、力強いところはよりパワフルに吹いてみようと思います。

     

    10. 会場の皆様にメッセージをどうぞ!

    いつもありがとうございます! 同じ時間、同じ空間で、同じ音楽を共有してくださってありがとうございます。私の音楽を聴いてなにか感じてくださったことがあったら、後でこっそり教えてくださいね。

    Hear in the Windsat November Eleventh1111 Part2(赤坂)

    Mark Akixa(ネイティブアメリカンフルート)

    太田光宏(ギター)

    よしうらけんじ(パーカッション)

    特別限定料理 Hear in the Winds
     

     2015124日(金) 開場1800 開演1930 

    ご予約3,240円 当日3,780円(税込)

    会場:November Eleventh1111 Part2

    東京都港区赤坂3-17-8 都ビル2

     

    Mark Akixa Office

    Tel03-6805-6876 / Fax03-6805-6811

    ご予約・お問い合わせはこちら

    | マーサメリー | 14:43 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode