Page: 2/16  << >>
2019年3月9日(土)ヴァイオリン 後藤勇一郎「私季らいぶ @1111 # 7」ALONE
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    マーサメリー通信にインタビューが掲載されています。

    ご面倒ですがクリックお願いいたします!

     

    | マーサメリー | 14:43 | comments(0) | - | - | - |
    2018年12月7日(金)Native American Flute奏者 Mark Akika 夜の火の月の演奏会
    0

      インタビューをマーサメリー通信 Vol.9 マークアキクサさん特集にアップしました。

      ぜひ読んでくださいね!

       

      マークさんは演奏活動、Native American Flute普及活動、社会貢献活動と多方面にご活躍です。

      澄んだ音色とミュージシャンたちとの呼吸によって作られていくLIVE感を是非お楽しみください。

       

       

       

      | マーサメリー | 02:25 | comments(0) | - | - | - |
      2018年11月23日(金・祝)Violin後藤勇一郎「私季らいぶ@1111 #6」
      0

        マーサメリー通信にインタビューを掲載しました。

        是非お読みください。(^^)

         

        JUGEMテーマ:音楽

        | マーサメリー | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
        2018年10月27日(土)ハーモニカ・デュオ ボンボア 「ハーモニカの知られざる世界  vol.2」
        0

          インタビューを掲載しました。

          マーサメリー通信をご覧ください。こちらをクリック!

           

          JUGEMテーマ:音楽

           

          | マーサメリー | 21:32 | comments(0) | - | - | - |
          2018年9月21日(金)『ソラノモリ』第三章 蒼穹への帰還
          0

            インタビューはマーサメリー通信に掲載されています!

            クリックをよろしくお願いいたします。(^^) お手数をおかけいたします。

            | マーサメリー | 15:11 | comments(0) | - | - | - |
            2018年9月8日(土)チチクリ催事場〜そうはくわなの秋チチクリ
            0

               

              インタビューはマーサメリー通信に掲載されています!

              クリックをよろしくお願いいたします。(^^)

               

              前回のライブ写真より

               

               

              | マーサメリー | 23:32 | comments(0) | - | - | - |
              2018年8月25日(土)Violinist 後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #5
              0

                マーサメリー(以下MM):後藤さんの私季らいぶも早くも5回目を迎えました!
                今回は、同級生DUOですね。よろしくお願いいたします!


                後藤:今回は盟友かつ同い年の菊谷知樹氏との共演という具合に、共演者がその都度入れ替わるスタイルのこの私季らいぶも、マーサメリーさんとお店のご支援によりあっという間の5回目です。心より感謝申し上げます。

                 

                 

                MM:同級生というと育った時代背景が同じですが、聴いてきた音楽はいかがでしょうか。共有するジャンルや曲など多いですか?


                後藤:話をすれば共通項が色々とありますが、音楽に関しては、ジャンル問わず幅広く耳に取り入れてきたとはいえ、その学ぶ過程が方やクラシック中心、そしてポップス中心という感じなので、多いようなそうでもないような…あまり二人で掘り下げた事は無いです。

                 

                 

                MM:後藤さんは子供の頃(子供といいますか、高校生位まで)、どのような音楽をよく聴いていらしたのでしょうか。

                 

                後藤:勉強のためにクラシックを、趣味的要素で洋楽やジャズを聴いていました。

                 

                 

                MM: その頃に影響を受けた音楽家、もしくは音楽(特定のジャンル)はありますか?


                後藤:これぞという音楽家やジャンルはぱっと思いつかないのですが、好きで聴いていたもの、あるいはさほど好きでなくても(笑)必要と思って聴いていたもの、全てに影響を受けています。特に作編曲の面ではそうですね。

                 

                 

                MM: 菊谷さんとのDUO Liveで、楽しい瞬間とはどんな時?


                後藤:全てが楽しい瞬間なのですが…そうなると瞬間とは言わないですね(笑)菊谷君は大変真面目で勉強熱心で、リハーサル含め本番まで非常に作り込んで来てくれるので、書いてある事は完璧に弾きこなした上で、書いてない事も、つまりアドリブ的要素も彼自身作編曲家でもあるのでアイディアが豊富で、本当に素晴らしいパートナーに出会えたと思っています。

                 

                 

                MM: 今までのライブでお客様のどんな反応に驚かされましたか?


                後藤:難しい質問ですが、初めましての方にもとっつきやすいように、今回のギターとのデュオのみならず、前回のヴァイオリンデュオその他全ての編成において、耳馴染みの曲をなるべく多く取り入れるようにしているのですが、お客様に書いていただいたアンケートを拝見すると、良かった曲の大半が自作の曲である事に、驚かされつつ大変嬉しく思います。

                 

                 

                MM:今回は、聖歌も1曲、ご披露されますね!(ネタばらし=笑=

                 

                後藤:マーサメリープロデュースによる私季らいぶ@1111独自企画である聖歌を斬新なアレンジでのコーナー、今回もやります!選曲の由来はマーサメリーさんにお任せしますが、「Lord of All Hopefulness」を、原曲の良さを引き出しつつこのデュオならではの斬新なスタイルを挟んだ形に仕立ててあります。乞うご期待!

                 

                 

                MM:今回のライブの見どころは?


                後藤:菊谷君と出演した前回11/3のプログラムから大幅変更し、夏にふさわしい暑い、ならぬ熱いセッションができるようなホットなプログラムになっています。

                 

                 

                MM:では聴きどころは?


                後藤:全てが聴きどころですが(笑)中でも一曲だけ前回も演奏した曲が入っていますが、おそらくここでしか演奏する事のない、タイトルに赤坂が入っている懐かしの歌謡曲メドレー「赤坂ジプシーめどれい」は必聴です。

                 

                 

                MM:皆様にメッセージを!


                後藤:ちょうど昨年同日にスタートしたこの「私季らいぶ@1111」、マーサメリーさんやお店にもうこりごりと言われない限りには(笑)ライフワークとして続けていきたいと思っていますが、そのためにも一人でも多くの皆様にご来場いただける事が不可欠です。今後もその都度編成を変えたり、新しいアイディアを加えていき常に新鮮に楽しんでいただけるライブを目指していますので、皆様是非足をお運びください。

                 

                 

                2018年8月25日(土)Violinist 後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #5

                 

                 

                JUGEMテーマ:音楽

                | マーサメリー | 01:39 | comments(0) | - | - | - |
                2018年7月22日(日)Yoshihiro Harada’s Pan World Vol.1 Panorama SO
                0

                  マーサメリー(以下MM):パンに出会ったNY。どのように出会ったのでしょうか。

                  原田:1989年NYのタイムズスクエア前、ブロードウエイのチケット売り場の近くで、夜一人でテナーパンを演奏している人がいました。その人が誰だか分りませんが、その音が自分にとって生スティールパン初体験で、都会の中で響く音というのが自分のパンの原点です。パンの音を初めて生で聴いた瞬間に、自分がこれからやってゆく事全て、今現在やっている事まで全てのサウンドが頭に湧きました。大体そのイメージ通りに生きています。

                   

                   

                  MM: パンを色で例えるならば何色?

                  原田:虹色です。全ての音には色があるのですが、パンはひとつの音を鳴らすと楽器全体が鳴り出します。あたかも全ての音が響いているように。全ての音があるから虹です。

                   

                   

                  MM: パンの魅力とは!

                  原田:やはりその独特の音色だと思います。一人で弾けば美しい響きで最高に気持ち良いです。これひとつあれば何所でも楽しくなれる。また、大勢で弾いたら今度は熱狂的に気持ち良い。100人以上のスティールパン・オーケストラで、プロもアマチュアも同じ目線で一緒に音を出せる事が、パンの特に素晴らしい特徴です。

                   

                   

                  MM: リハで大事にしていることは?

                  原田:フィーリングです。皆に曲を説明する時に様々な言葉を使う時があります。それは日々の情景だったり物の形や温度や手触りだったり様々です。また全く説明無しに一人一人自由に感じるままにプレイしてもらう曲もあります。はい曲弾きました、それで?では音楽じゃありません。オープンマインドで音を出せば必ず何かが生まれます。そのサムシングを感じることが大切です。

                   

                   

                  MM: 今までで印象に残ったライブは?

                  原田:2007年のフジロックですね。フィールド・オブ・ヘブン・ステージで入場制限が出ました。その時のZulu Chantという曲のピアニッシモ部分で、バンドがアクションを付けて屈んだら、つられて5000人の皆がザーッと一斉にしゃがみ、圧巻でした。そしてその直後の爆発はすごかったです。最高でした。

                   

                   

                  MM: ライブで嬉しい瞬間は?

                  原田:思考がなくなり、自分がただ音になった瞬間です。そういう時は自分達もお客さんも同じ感覚になってると思います。いえい!ですね!

                   

                   

                  MM: パンの夢!がありましたらこっそり教えて下さい。

                  原田:世界中の人に自分の曲を弾いて貰いたいですね。あと、ソロがライフワークです。イタリアのコロッセオかギリシャの討議場でソロを録りたい!

                   

                   

                  MM: ライブの見所は?

                  原田:Panorama Steel Orchestraは世界大会で入賞を果たした最高のオーケストラです。皆素晴らしいプレイヤーで、様々な種類のパンを駆使したダイナミックな演奏が見られます。とても面白いです!

                   

                   

                  MM: では、聞き所は?

                  原田:世界大会で入賞した壮大なオリジナル曲から、情景的な曲まで、スティールパンという楽器が持つ表現力は本当に素晴らしく、熱く、楽しく、そして美しい、心揺さぶるダイナミズムとサウンドです。浸って踊って楽しんで頂きたいです。

                   

                   

                  MM: 皆さまにメッセージを!

                  原田:赤坂にパンを響かせます。盛り上がり&大満足、間違い無しのライブ!

                  ぜひ聴きにいらして下さい!

                   

                   

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                   

                  | マーサメリー | 01:26 | comments(0) | - | - | - |

                  Calendar

                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << October 2019 >>

                  Profile

                  Recommend

                  Search

                  Entry

                  Comment

                  Archives

                  Category

                  Link

                  Feed

                  Others

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  Mobile

                  qrcode